不登校解決策ブログ

親御さんの喜びの声の数、日本一!!創立から12年、信頼と実績を積み重ねてきた不登校支援機関SIAPROJECTの代表(木村優一)が無償で最新ノウハウを公開しています。

五月雨登校の克服方法

 

子供が五月雨登校の場合、そこには大きなチャンスがあります。

(ただし、大きなリスクもあります)

 

「五月雨」とは、断続的にいつまでもだらだらと続くことのたとえ。

 

五月雨登校とは、登校が“断続的”な状態のことです。学校に行ったり行かなかったり……を繰り返すなら五月雨登校に当てはまると判断していいでしょう。

 

例えば、週に1~2日くらいは休むけれどもそれ以外の日は登校するようなケースは五月雨登校です。我が子が完全に学校に行けなくなっているケースは五月雨登校に当てはまりませんし、自分の部屋に引きこもって全く出てこなくなったようなケースも五月雨登校には当てはまりません。あなたのお子さんは、どうでしょうか?

 

もしも、お子さんの状態が五月雨登校に当てはまるなら、そこには大きなチャンスがあります。

 

ただし、それと同時に大きなリスクもありますので、大きなリスクについてから説明しましょう。

 

五月雨登校の大きなリスクは、子供が無理をして登校していて、その無理が蓄積され、いつかはその無理の蓄積が爆発して完全不登校家庭内暴力・家庭崩壊などに向かう可能性がある点です。

 

ポイントは、“無理”をしている点。子供が無理していないかどうか、親御さんをはじめとする周りの大人たちが気をつけて観察していればいいのですが、その点が抜け落ちていると非常に危険です。

 

無理が少しずつ蓄積していき、ある時点で爆発すると、その後の改善は容易ではありません。完全不登校になるケースはまだマシなほうで、家庭内暴力や家庭崩壊に向かうケースもあります。こうしたリスクを避けるために、五月雨登校の時点で子供に無理させていないかに気をつけ、慎重にサポートする必要があります。(具体的な対応のしかたは後述)

 

ありがたいことに、五月雨登校はリスクばかりではありません。五月雨登校には大きなチャンスもあります。

 

その大きなチャンスはシンプル!登校できるパワーがあるので、そのパワーを活性化させることができればそのまま継続的に登校できるようになる可能性が高い点です。

 

完全不登校になってしまうと「学校に行かない状態」に慣れてしまい、そこから抜け出すのがなかなか難しくなりますが、五月雨登校の時点なら「学校に行かない状態」に慣れきっていません。わずかであっても実際に登校できているのですから、その登校のパワーを“うまく”活かすことができれば継続登校に向かいます。

 

ここまでお読みいただければわかるとおり、巨大なリスクと巨大なチャンスが同時発生しているのが五月雨登校の特徴なんですね。まずは、そうした特殊な状況である点を理解すると「不登校対応と五月雨登校対応の違い」も理解しやすく、対応で失敗しないでしょう。

 

さて、ここからは具体的な対応のしかたについてご説明しましょう。どのようにすれば大きなリスクを小さくさせ、大きなチャンスを活かし、五月雨登校を克服できるのか?その点についてお伝えします。

 

方法は意外とシンプルです。

 

まず、リスクを小さくするために、子供が無理を蓄積しないようにサポートしていきましょう。その方法は、「吐き出し」と「特技」にあります。

 

子供が「無理する気持ち」を心にためこまないように親やまわりの人達が「本音」を聴いてあげて、吐き出させてあげる。

 

子供が「からだの疲れ」を体にためこまないように十分な睡眠がとれるようにしてあげる。(=疲れを吐き出させてあげる)

 

その上で、子供が得意なこと(特技)を伸ばせるように「自発的な体験」を邪魔しない。(←親がバカバカしいと感じることを子供がしようとしていても、です)

 

このように親が「吐き出し」と「特技」のキーワードを頭に入れながらサポートすれば、子供は無理をためこまず、自発的な体験(特技の発揮)でパワーが湧いてきます。

 

こうして子供が無理を蓄積しないように導いてあげると、無理の蓄積による爆発で完全不登校家庭内暴力・家庭崩壊などに至るリスクはなくなるでしょう。

 

この“リスク減らし”だけでも十分なのですが、さらに子供の五月雨登校克服を確実なものにしたいなら、五月雨登校のチャンス(登校できる力を活性化させることで継続的に登校できる可能性)を活かす必要があります。

 

その方法もシンプルです。

 

親が“余計なこと”を言わないでください。

 

大事なところなので、もう一度言います。

 

親が“余計なこと”を言わないでください。

 

子供が五月雨登校の状態だと、親は余計なことを言いたくなります。

 

登校できた日には「よく頑張ったね!」などと言い、登校できていない日は沈んだ表情で「明日は大丈夫そう?」などと言う……

 

そんな親御さんが多いものです。

 

「え!?どこが余計なの?そういうことを言うのが普通じゃないの? むしろ『頑張ったね』とか言ったほうがいいんじゃないの?」

 

そんなふうに思った親御さんもいるかもしれませんが、そういう親御さんは慎重に考えたほうがいいでしょう。

 

もちろん、「よく頑張ったね!」と声をかけられて嬉しくなる子供もいるかもしれません。「明日は大丈夫そう?」と声をかけてもらうことで学校に行きやすくなる子供もいるかもしれません。

 

ただ、「私自身の不登校経験」と「長年の不登校支援で見てきた多数の事例」を重ね合わせて言えることは、そういった言葉が子供へのプレッシャーになり逆効果を生じさせるケースが多いということです。

 

親が良かれと思って言った一言が“余計なこと”になり、それによって子供がパワーダウンしてしまうケースが多いのです。

 

実際、私も過去に五月雨登校になったことがあったのですが、ときどき頑張って学校に行ったとき、親から「よく頑張ったね!」と言われるとなんとも言えない気持ちになりました。

 

「学校に行けただけで『よく頑張ったね!』って言われる自分ってなんなんだろう……。なんだか情けない……。なんかバカにされたような気分だな……」

 

「結局、親は学校に行って欲しいだけなんだよな。学校に行けばそれでいいんだよな。なんだよ、親の思いどおりになればそれでいいのかよ」

 

「学校に行けば頑張ってる、学校に行けなければ頑張ってない、そういうことだろ? 学校に行けない日でも頑張ってるんだけどな……。この人(親)にはわからないよな、こういう気持ち……」

 

こんな気持ちです。

 

(あえて言語化してみましたが、実際にはこれほど明確な言葉になっていません。当時の私は自分自身の気持ちを明確化できていなかったので、“なんとなくムカつく”といった感覚でした)

 

「明日は大丈夫そう?」などと言われる場合も同様です。
「結局そこしか気にしていないのかよ」と思います。

 

ですから、親が“余計なこと”を言えば言うほど子供はパワーダウンし、せっかく登校できるパワーがあるのにそのパワーがだんだんと失われ、やがて完全な不登校になってしまうのです。

 

五月雨登校に含まれる大きなチャンス(登校できる力を活性化させることで継続的に登校できる可能性)を活かしたいなら、“余計なこと”を言わないようにしましょう。

 

子供は登校した日でも登校しなかった日でも同じくらい頑張っていますし、明日登校するかどうかなんて本人が一番考えていて、行くときは行きますし、行かないときは行きません。そこに親の余計な一言が加わることで子供の気持ちを歪ませ、子供の五月雨登校を歪ませていることに気づきましょう。

 

五月雨登校を克服するために親ができることは、意外とシンプルです。でも、このシンプルなことを正しく継続することは99%の親御さんができません。

 

「シンプルかつ簡単なことだけど、継続的に実行することは驚くほど難しい」

 

と考えるくらいの意識で取り組んでいただけたらと思います。

 

 

執筆者:シア・プロジェクト代表 木村優

 

 

 

不登校の子供を持つ親御さんからの喜びの声、日本一!! シア・プロジェクト代表、木村優一のオリジナルメルマガ(無料)は別サイトで登録できます。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録   

 

オリジナルメルマガは「まぐまぐ!」とは別内容となります。

下記の3点が配信されます。

 

1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信) 

 

ご登録の際には、メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。

 

せっかくお申込いただいたのに、こちらからの配信が届かないケースもございます。ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。

 

(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)

 

正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。

 

自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。

 

自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、そちらでブロックされている可能性があります。

⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。

上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録  

 

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 

重要な不登校対応のポイントを

オフィシャルサイトで無料公開しています☆彡

 

不登校対応のポイント - 不登校対応支援機関 SIA PROJECT

www.futoukou24.jp

  

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: