不登校解決策ブログ

親御さんからの喜びの声、日本一!!

不登校長期化を防ぐために親が特に注意すべき3つのポイント

 

 

不登校対応で親が注意すべきポイントはケースバイケースで、事例に分けて考えると無数にありますが、「特にこれだけは気をつけておいたほうがいい」と言える重要な共通注意事項もあります。

 

その注意点を、今回は3つだけお伝えしましょう。

 

これからお伝えする3つの注意点は、不登校長期化を防ぐためのものでもあります。不登校初期(不登校になってから3ヶ月以内に)の子供を持つ親御さんも、子供が不登校になってから3カ月を経過している親御さんも、長期化を防ぐための意識でお読みください。

 


(1) 子供が「自分の意思を無視された」と感じないための配慮

 

不登校対応で多くの親御さんが犯すミスの1つとして、

 

「子供の意思を尊重せずに親の意思を通そうとする」

 

というミスがあります。

 

このミスを犯してしまうと、不登校は改善に向かいません。

むしろ、不登校が悪化する影響を与えてしまいます。

 

悪化する原因についてはなんとなくお分かりだと思いますが、念のためにここで説明しておきましょう。

 

親が子供の意思を尊重せずに親の意思を通そうとすれば、子供は「自分の意思を尊重してもらえない……」と不満を抱き、「この親には何を話しても無駄だ」と感じます。

 

そうして心を閉ざすと、大事なところ(例:学校や進路のこと)を全く話さなくなるので、親はサポートしたくてもできない状態になります。

 

その結果、必然的に子供は自分1人でがんばらなければならなくなり、子供1人では前進に限界があり、不登校は悪化に向かうわけです。

 

ですから、不登校対応としては「子供の意思を尊重せずに親の意思を通そうとする」の逆を行なわなければなりません。子供が「自分の意思を無視された」と感じないための配慮を続け、閉ざされた子供の心が開いていくようにサポートしていく必要があるのです。

 

 

それでは、具体的にはどのようにサポートしていけばいいのでしょうか?

その方法はケースバイケースで無数にありますので、ここではほんの一部だけお伝えさせていただきます。

 

 

例えば、よくしゃべる親御さんの場合。

 

そういう親御さんは「話しすぎ」でミスしている可能性が高いので、口数を減らすだけでも効果的でしょう。自分の口にチャックをして、ちょっとだけ口数を減らし、そのぶん子供の話を聴くようにしてみてください。たったそれだけでも、子供は自分の意思を尊重してもらえているように感じ、心を開きやすくなります。

 

 

逆にあまりしゃべらない親御さんの場合には、子供への質問を増やしたほうが有効かもしれません。子供の話をよく聴きながらその子供の話の内容を深掘りするような質問を投げかけることで、 子供は「親が自分の話を深いところまで聴こうとしてくれている(=自分の意思を尊重しようとしてくれている)」と感じ、心を開きやすくなります。

 

 

この他にもケース別に分けたら無数に対応改善の工夫がありますので、各自、親御さん自身で考えてみてください。どうしても思いつかないようなら、SIA PROJECTのサポートでプレゼントとして提供されている音声やメルマガを参考にするといいかもしれません。音声やメルマガには対応改善の工夫がいっぱい詰まっています。

 

 


(2) 不自然な笑顔をやめる

 

不登校の子供にとって一番悲しいこと、といっても過言ではないことが

 

「親の不自然な笑顔」

 

です。

 

子供になったつもりでイメージしてみてください。

 

自分が学校に行かなくなる前は「自然なお父さんお母さん」だったのに、自分が不登校になってからは「妙に子供の機嫌をとるようなお父さんお母さん」になり、作り笑いをして子供が不機嫌にならないように気を使っている…… 不自然な笑顔で子供が学校に行きやすくなるような空気を作ろうとしている……

 

そんな状態になったら、どんな気持ちになると思いますか?

 

親を親と思えなくなるかもしれませんよね。(←極端な話をしているわけではありません)

 

我が子に対して営業マンが見せるような作り笑いをすれば、子供は親のことを他人のように感じます。普通に学校に行っているときの親子の関係が頭にあり、自然な笑顔を見せあう関係が本来の親子だと思っているため、不自然な笑顔が登場することで親子関係が壊れたような感覚になるのです。

 

そうして、

 

「この人たち(お父さんお母さん)は子供を学校に行かせるためなら嘘の笑顔でも見せるんだ」

 

と思い、それが親に対する不信感となり、親のサポートを拒絶するようになり…… 不登校悪化・長期化に向かうんですね。

 

 

仮に不登校悪化・長期化に向かわなかったとしても悲しみは残ります。子供はその悲しみを一生胸に抱え、あるとき爆発させるでしょう。実はそれが10年後20年後の不登校類似状態(引きこもり・出社拒否症など)の再発の原因なのですが、そのことについて話すと長くなるのでここでは割愛させていただきます。

 

 

決して間違いでは無いのですが、不登校対応に関する知識が浅い専門家は「家庭ではできるだけ笑顔でいてください」とアドバイスします。本当は「自然な笑顔」でなければ意味がなく、笑顔を自然にするためのトレーニングまで提供できるのが本物のプロなのですが、そこまでできる専門家はほとんどいないんですよね。

 

悲しい現実ですが、

 

「間違いではないけれども逆効果を生じさせてしまうアドバイス

 

不登校サポート業界では横行しているのです。

 

 

そのアドバイスを受け、自宅で作り笑いをしてしまう親……

 

それを見て悲しくなる子供……

 

この悲劇がなくなることは、しばらく無いでしょう。

 

「間違いではないけれども逆効果を生じさせてしまうアドバイス」が横行している現代の不登校サポート業界が早く健全化されるよう、私としてもできることを精一杯やっていきたいと思っています。

 

 


(3) 感謝の減少防止

 

子供が不登校になってから、親御さん自身が「ありがとう」と言う数は増えましたか? 減りましたか?

 

 

意外に思われるかもしれませんが、実は、この質問に「増えました」と答える親御さんが多いのです。厳密に言えば、不登校初期の子供を持つ親御さんは「減りました」と回答することが多く、不登校が長期化に入っている子供を持つ親御さんは「増えました」と回答することが多いんですね。

 

ここには興味深いメカニズムが隠されています。ちょっと不思議なお話に思えるかもしれませんが、雑談を聴くときのような感覚で気軽な気持ちで読み進めてみてください。

 

 

今これを読んでいるあなたは、感謝の対義語をご存知でしょうか?

 

国語辞典的にはわかりませんが、心の勉強をしている方ならこう答えるはずです。

 

「『感謝』の対義語は『当たり前』」

 

そう、「感謝」の反対は「当たり前」なんですよね。そのため、人間は無意識でバランスをとります。 「当たり前だ」と感じることの割合が増えてくると、「いけない、いけない!感謝が足りないぞ!」と無意識が発動し、「感謝の割合を増やしたくなる事態」を引き起こすのです。

 

不登校という事態もその1つです。子供が不登校になることで、子供が普通に学校に登校していたことは「当たり前」ではなくて「感謝すべきこと」だったのだと気づき、学べます。そこで感謝の量を増やしていければ、バランスが改善し、いつの間にか子供が不登校を抜け出していくし、逆にそこで学ばず、感謝の量をさらに減らしていくようなら、ますますバランス改善が必要となるため新たなネガティブ現象(感謝の割合を増やしたくなる事態)を引き起こすのです。

 

ですから、そこに直感的に気づいた親御さんは自然と「ありがとう」と思う回数(言う回数)が増えていきます。

 

子供が生きてくれているだけでもありがたい、子供が元気なだけでありがたい、子供の
笑顔を見られるだけでありがたい…… そんなふうに感謝する割合が増え、それにしたがい自然と「ありがとう」と言う回数も増えてくるのです。

 

ただし、そんなふうに自然と感謝の割合が増えている親御さんでも、そのほとんどはバランス改善に至っていません。ほんのわずかしか感謝の割合が増えていないので、子供の不登校という事態が不要になるまでには至っていないのです。

 

 

ですから、「当たり前」と感じているものを「感謝」に置き換えることを継続していかなければなりません。それを3ヶ月以上継続できる親御さんは100人に1人もいないと思いますが、挑戦する価値はあります。もし、3ヶ月以上継続できて感謝の割合が飛躍的に増えたら、その後は子供の様子が全く違ってくるでしょう。

 

感謝の減少防止に関しては甘く考えないように気をつけましょう。「これくらいなら自分ひとりでできる」と思うかもしれませんが、それは3ヶ月後に全く違った体型になるくらい難しいことです。体重100キロの人が3ヶ月で45キロに痩せるぐらい難しいものだと思っていてください。トレーナー(専門家)のサポートなしでは普通は無理です。

 

 

以上、「不登校対応で特にこれだけは気をつけておいたほうがいい」と言える重要な共通注意事項を3点だけお伝えしました。

 

これら3点に気をつけるだけでも不登校対応は大きく改善され、それに伴い子供の状態も大きく改善されるでしょう。

 

 

執筆者:シア・プロジェクト代表 木村優

 

 

不登校の子供を持つ親御さんからの喜びの声、日本一!! シア・プロジェクト代表、木村優一のオリジナルメルマガ(無料)は別サイトで登録できます。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録   

 

オリジナルメルマガは「まぐまぐ!」とは別内容となります。

下記の3点が配信されます。

 

1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信) 

 

ご登録の際には、メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。

 

せっかくお申込いただいたのに、こちらからの配信が届かないケースもございます。ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。

 

(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)

 

正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。

 

自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。

 

自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、そちらでブロックされている可能性があります。

⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。

上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録  

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

Twitterでも不登校対応のポイントをお伝えしています☆

 

twitter.com

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 もう1つのブログは、こちら 

ameblo.jp

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

シア・プロジェクトのHP→ 不登校対応の支援と相談

 

スマホ表示はこちら↓↓↓ 

fu-toukou.hateblo.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

↓ シア・プロジェクト代表 木村優一の日記 

note.mu

木村優一 (不登校解決カウンセラー) (kimurayuuichi)|note 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

シア・プロジェクトの新しいホームページ

不登校対応支援機関 SIA PROJECT 

www.futoukou24.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: