不登校解決策ブログ

親御さんの喜びの声の数、日本一!!創立から13年、信頼と実績を積み重ねてきた不登校支援機関SIAPROJECTの代表(木村優一)が無料で不登校解決ノウハウを公開しています。

登校刺激は失敗する!? ~不登校対応全般に適用してはならない注意点と不登校専門家の選び方 ~

 

登校刺激で不登校対応している親御さんへ、大切なことをお伝えします。

 

率直に言います。

 

親や先生が何か言うことで学校に行ける子供は、放っておいても学校に行く子供だけです。

 

登校刺激の成功事例は、放っておいても学校に行こうとしている子供にたまたま親や先生が何か言っただけ。つまり、親や先生の発言は原因ではないのですが、それを原因と勘違いして「こういうときにこう話せば子供が学校に行くようになるんだ」と誤解しているのです。

 

親や先生の登校刺激で登校するようになった成功事例を見聞きして「うちの子も同じ方法でうまくいくはず!」と期待したくなる気持ちは分かりますが、そうした方法をマネすると99%うまくいきません。

 

親や先生が何か言うことで学校に行ける子供は、放っておいても学校に行く子供だけ。そういう子供は親や先生が何か言ったから学校に行ったわけではなく、親や先生が何か言っても言わなくてもどちらにしても学校に行く子供なのです。その事例を“改善方法”と誤解するのは危険です。

 

それでも登校刺激したいなら止めませんが、登校刺激して学校に行く子は登校刺激しなくても学校に行きますから、放っておいても登校刺激してもどちらでも同じです。ただ、登校刺激をした場合、登校刺激が子供の心に反発を生じさせ、逆に学校に行かなくなる危険性が出てきますから、どちらかといえば放っておくほうが賢明だとは思います。

 

繰り返しますが、親や先生の登校刺激で学校に行ける子供「放っておいても登校できる状態」ですので、そういう子供の事例は不登校対応全般には適用できません

 

明らかにタイミングを間違って登校刺激をしたにもかかわらず、本人ががんばって登校することもありますが、その場合、長期的に見て逆効果が生じます。そのことはSIAPROJECTの長年の不登校支援経験ではっきりしています。登校刺激で無理やりに不登校改善した事例のほとんどはその後に不登校が再発。何年もたった後に、引きこもりや出社拒否症など、不登校に似た状態の再発が起きるケースも多く見られます。

 

そのような実態を考えれば、登校刺激で不登校改善を試みるのは危険だとわかるでしょう。「登校刺激で不登校改善できる」と断言している不登校専門家は要注意です。

 

批判的なことは書きたくないのですが、親御さんのために正直に書きます。大半の不登校専門家は長期的に考える視点がありません。子供の人生を狂わせるカウンセリングを堂々と行なっている不登校専門家もいます。登校刺激で子供を動かそうとする不登校専門家には気をつけてください。そういう不登校専門家への相談はお勧めしません。

 

では、どんな不登校専門家に相談すればいいのでしょうか?

 

 

不登校経験がある専門家

 

まずは、その専門家に不登校経験があるかどうかをチェックしてください。

 

不登校経験がある専門家なら、不登校対応でどんなことが失敗になりやすいのか、どんなことが不登校脱出につながりやすいのか、そのあたりが“実感”としてわかります。

 

実感があるかないか、その違いは大きなものです。本や研修などで勉強してきただけの不登校専門家と、実際に自分自身に経験があってその上で勉強してきた不登校専門家だったら、間違いなく後者のほうが強い味方となるでしょう。もちろん、不登校経験だけでなく“不登校支援の経験”も豊富な専門家がお勧めです。10年以上の支援経験がある専門家で、最新の不登校支援にも精通している専門家が理想的でしょう。

 

親の対応ミスが子供の人生全体にダメージを与えてしまうことを考えれば、“勉強だけの専門家”には怖くて相談できないはずです。慎重に選びましょう。

 

 

親御さんの喜びの声の数

 

実際にサポートを受けた親御さんから寄せられている喜びの声の数にも注目してください。

 

実名や顔写真などが公開されているものは偽造されている可能性が高いので、あまり信じないほうがいいと思います。

 

あなたがどこかの不登校専門家に相談して、その結果、子供が不登校から抜け出したら親子の実名や顔写真とともに喜びの声を公開するでしょうか?

 

あなたは良くてもお子さんは「元不登校」ということが世間に大々的にバレて、何かのデメリットが生じるかもしれません。そのリスクを考えて普通は実名や顔写真などは公開しないはずです。実名や顔写真などを公開している喜びの声がホームページなどに掲載されている場合、少し疑ったほうがいいでしょう。

 

どこか不自然な文章で書かれた喜びの声も偽物です。

 

人間には第六感がありますから、文章を読めばなんとなくの直感で本物かどうかわかるでしょう。「なんだかよくわからないけれどこの喜びの声は不自然な文章だな……」と感じたらその喜びの声は信じないほうが無難です。

 

良い意味で疑いながら、ホームページなどに掲載されている喜びの声をチェックして、喜びの声の数が多い不登校専門家を選ぶといいでしょう。

 

最も信頼できる不登校専門家は、最も結果を出している不登校専門家です。資格でも学歴でも経験でもありません。結果を出しているかどうかが全てです。その結果は不登校の子供を持つ親御さんの喜びの声の数に表れていますから、そこをチェックしてください。

 

 

以上の観点で不登校専門家を選べば、あなたが選んだ不登校専門家は登校刺激を勧めないはずです。それよりも「聴く」を重視するはず。子供の話を聴いて聴いて聴いて、その傾聴による癒やしと思考整理で不登校改善を目指すでしょう。

 

もっと上を行く不登校専門家なら、傾聴以上に大切なことも教えてくれるはずです。(私もSIAPROJECTで教えています)そういう不登校専門家とタッグを組めたら、お子さんの未来は明るいでしょう。

 

不登校専門家の力を借りず、自分ひとりの力で不登校対応しようと思っている親御さんは、まずは登校刺激をやめ、子供の話を聴くことに集中してみてください。手の甲に「閉じた唇のマーク」を描いておいて、子供と会話するときに手の甲に目を向けるようにしましょう。そうして「できるだけ口にチャックをするぞ」と意識するだけでも、普段以上に子供の話が聴けるようになるはずです。

 

簡単なことですが、この程度の工夫でも子供とのコミュニケーションがだんだんと変わっていき、不登校脱出に向かって行きます。気軽にやってみてください(^_^)

 

 

執筆者:SIAPROJECT代表 木村優一

 

 

↓ Twitterでも不登校対応のポイントをお伝えしています☆

 

twitter.com

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

★不登校の子供を持つ親御さんからの喜びの声、日本一!! シア・プロジェクト代表、木村優一のオリジナルメルマガ(無料)は別サイトで登録できます。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録   

 

オリジナルメルマガは「まぐまぐ!」とは別内容となります。

下記の3点が配信されます。

 

1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信) 

 

ご登録の際には、メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。

 

せっかくお申込いただいたのに、こちらからの配信が届かないケースもございます。ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。

 

(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)

 

正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。

 

自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。

 

自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、そちらでブロックされている可能性があります。

⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。

上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録  

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

シア・プロジェクトの新しいホームページ

不登校対応支援機関 SIA PROJECT 

www.futoukou24.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: